本当は焼肉屋がやりたかったバカなとんかつ屋から 奈良のご近所のみなさまへ。

754号線沿いでとんかつ屋「まるかつ」を営む金子友則と申します。

正直に言います。私はとんかつ屋になってまだ4年目です。親子代々とか、この地で何十年とか、そういう歴史はありません。しかも、この男(私)は告白しますが、本当は焼肉屋を開業したかったのです。
ずっと焼肉屋で働いていましたので勝手がわかっていましたし、いざとなったら焼肉も食べ放題。これでモテモテ間違いなし!えへへへ~、なんて思っていました。

「なんてうわついたヤツだ!」「下心まるだしだな!」「だから、小学5年生の時、好きな女の子にふられるんだ」(なんで知ってる?!)と思われるかもしれません。そりゃ、そうでしょう。動機が不純すぎます。それに、今時こんなことを告白したらネットが炎上するかもしれません(せめて炎上するときの温度はとんかつが柔らかくしかもサクサクに揚がっておいしい160 度であってほしいと思う次第です)。

そんな私は、いつか焼肉屋を開業したいという夢(と下心)を抱いて、まずは初期投資の少ないとんかつ屋を始めようということになりました。

動機は不純でも、飲食店で約17年修行した経験があって、しかも料理のセンスもあるのでしょうか(あると思います!)、負けず嫌いでこだわる性格もプラスに働いて、おいしいとんかつが出来るようになっていきました。友人からもおだてられて、単純な私は、ますますおいしいとんかつづくりにのめり込みました。

そして開業したのが「まるかつ」です。なんかどこかで聞いたような名前ですが、親しんでほしいという気持ちで名付けました。フランチャイズではありません。か弱き個人店です。

おかげさまで開業してから多くのお客様に来ていただくことができました。ですが、そこは商売の素人です。大失敗をしました。価格を安くしすぎたのです。どれだけ一生懸命働いても赤字で
す。銀行からの借り入れもあります。これでは焼肉屋どころかお店は続けられません。

ヘトヘトになっている私のそんな様子を見かねて、知り合いは皆「味にもっと自信を持て!」「安くてそこそこの店ならほかにたくさんある。自分の道を貫け!」「大丈夫だから値上げしろ!」と言いました。ですから、今まで来てくださったお客様には本当に申し訳ないですが、お店を継続させるために覚悟を決めて値上げをさせていただきました。たくさんあったメニューも、絶対にどこにも負けない味だと自信が持てるものだけを厳選しました。

そして……。案の定、お客様は減りました。大丈夫じゃありませんでした。

ですが、通い続けてくださるお客様は想像以上に多く、味に納得してもらえている自信はあります。「まるかつ」では普通のとんかつ屋さんよりも時間をかけて調理します(低温の油で揚げますので、どうしても少しだけ余計に時間がかかるのです)。素材もすべてお高いものを使っています。継ぎ足しながら使い続けるお店が多い中で、油も入れ替え頻度を多くしています。歴史もブランドもない当店が勝負するには、素材の力を借りながら、ベストな調理法で挑むしかないからです。

おかげでとんかつの味ならたいていのお店には負けないと思えるようになりました。好きで全国いろんなとんかつを食べて回っているような人にも「だいぶ勉強しましたね」とお褒めの言葉をいただきました。「一リットルの涙」というフレーズを聞いたことがありますが、私はお客様に「うまい!!(ジュルジュルジュル~)」と一リットルのよだれを流していただきたいです。一度食べてほしいと心の底から思っています。

そこまで味にこだわるのは、ビジネス、特に効率、利益率という点からすると間違っているのかもしれないと思いました。でも味へのこだわりは捨てられません。

なぜなら、ちゃんとおいしくいただかないと、命をくれた豚たち、育ててくれた酪農家さんをはじめ、油やパン粉を作ってくれている生産者さん、私のとんかつづくりに関わるすべての人に申し訳ないからです。

私は、みなさんがつないだバトンの最終ランナーとして、考えられる最高レベルのとんかつをお客様にきっちりとお届けしたいのです。

でも、究極のとんかつ、などとわざわざ言うつもりはありません。それを決めるのはお客様ですし、私はいろんな生産者さんの思いをつないでいるだけですから(ちょっとカッコイイこと言った!)。それに、究極においしい料理は、きっと家族や好きな人と笑顔で食べる料理です。「まるかつ」には、たとえばお母さんが家族のことを考えて作ったような、そんなお料理に勝てるようなとんかつはありません。

ですが、ちゃんとおいしいとんかつをきちんと誇りを持って提供させていただきます。リーズナブルなお店も必要ですが、たまの贅沢に本当においしいと思えるものを食べられる幸せを提供できることを私は追求しています。親孝行や記念日などにもどうでしょうか?

単純な私の今の夢は「まるかつ」をとんかつ屋として全国に展開していくことです。ゆっくりでも、必ずやりとげたいと真剣に思っています。今は大きな全国チェーンのお店も、最初は1店舗からスタートしたはずですから。そして、ご近所のみなさまには「あのとんかつ屋、奈良から始まったんだよ」と言わせてみせます。あの紅白に出ている歌手、売れる前から知っていたよ、という、あれです。オレの地元だよ、と好きなだけドヤ顔してください。今からドヤ顔のご準備を。

そのためには、ぜひ、一度お店に足をお運びください。あまりハードルを上げるのはどうかと思いますが、きっと笑顔になっていただける味だと自負しています。全国の名店と言われるとんかつ屋40店舗以上を回って勝てるまで追求してきた味です。うまい!と言わせるとんかつを食べさせますので。焼肉屋?もう私はとんかつ一筋でいいです。

人生いろいろありますね。気分が落ち込んだときは食べに来てください。キャベツとご飯、しじみのお味噌汁と笑顔のおかわり無料です。

ぜひ「まるかつ」をかわいがってください。笑顔になっていただけるお店を今日も作って待っています。

奈良のとんかつ屋がどこまでできるか挑戦していきたいと思います
「まるかつ」店長金子友則
SNSでフォローする
関連記事
No articles